Go to Contents Go to Navigation

釜山発KTXまたトンネル内で停車、異常信号

記事一覧 2011.04.04 18:21

釜山発KTXまたトンネル内で停車、異常信号

【釜山4日聯合ニュース】コレール(韓国鉄道公社)が4日に明らかにしたところによると、同日午前10時10分に釜山駅を出発しソウル駅に向かっていた上りの韓国高速鉄道(KTX)602号が、出発から6分後に金井トンネル内で停車した。

 運行中のKTX内の信号機に異常信号が見つかり、運転士が停車させた。異常の有無を調べたところ、少々のエラーが発生しただけで、正常に作動することを確認し、運行を再開したと説明した。

 停車と同時に、乗客には停車理由をアナウンスしており、特別な混乱や抗議はなかったという。金井トンネルは全長20.3キロメートルの、韓国最長のトンネル。

 釜山発の上りKTXは先月20日にも、乗客500人余りを乗せ出発したが、13分後に金井トンネル内で停車する事故が発生した。運行時間が1時間遅延し、乗客が抗議する騒ぎとなった。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。