Go to Contents Go to Navigation

韓国の自動車保険損害率、初めて80%超える

記事一覧 2011.04.07 17:10

韓国の自動車保険損害率、初めて80%超える

【ソウル7日聯合ニュース】韓国の自動車保険の年間損害率が初めて80%を超えた。

 損害保険業界が7日に明らかにした暫定集計によると、主要損害保険会社13社の2010会計年度(2010年4月~2011年3月)の自動車保険損害率は80.3%で、前年度より5.1ポイント上昇した。これまで最高だった2006年度(78.7%)を上回り、初めて80%を超えた。

 自動車の増加に伴う事故の頻発、自動車修理費の大幅拡大に加え、記録的な大雪や寒波などが影響したためとみられる。昨年8月(81.6%)からことし1月まで、損害率は6カ月連続80%を超えた。

 損害率は顧客が支払った保険料のうち保険金として支給される比率で、71%が損益分岐点といわれる。

 損害率が過去最高を記録したため、自動車保険分野では1兆ウォン(約782億8800万円)以上の赤字が予想される。ただ、ほかの保険分野では大幅な黒字を記録し、全体の純利益は黒字を計上する見通しだ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。