Go to Contents Go to Navigation

多目的衛星「アリラン5号」、8月末に打ち上げ延期

記事一覧 2011.04.25 21:48

多目的衛星「アリラン5号」、8月末に打ち上げ延期

【大田25日聯合ニュース】韓国の多目的偵察衛星「アリラン5号」の打ち上げが、1カ月以上延期された。韓国航空宇宙研究院が25日、明らかにした。

 「アリラン5号」は当初、ロシアで6~7月に打ち上げられる予定だった。しかし、「アリラン5号」より先に同国で打ち上げが予定されている英国、米国などの小型衛星の組み立てに支障が生じ、「アリラン5号」の打ち上げは早くて8月末になる見通しだ。

 「アリラン5号」は、韓国初の合成開口レーダー(SAR)を搭載した実用衛星で、悪天候時や夜間でも地球の観測が可能だ。SARはマイクロ波を地表へ送り反射される信号を測定し映像を得る。

 打ち上げ後は5年間にわたり、550キロメートルの上空で、一日に地球を約15周し、世界全地域の映像を提供する。現在運営されている「アリラン2号」と連携し、同一地域を別の形で撮影し複合分析することで、災害の監視および資源の利用実態把握など、多方面で活用できるものと期待されている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。