Go to Contents Go to Navigation

「日本海」を「朝鮮海」と表記した日本古地図発見

記事一覧 2011.05.03 10:42

「日本海」を「朝鮮海」と表記した日本古地図発見

【ソウル3日聯合ニュース】朝鮮半島東側の東海(日本名:日本海)を「朝鮮海」に、日本の太平洋岸を「大日本海」と表記した1800年代の日本の古地図が発見された。東海の表記をめぐり、韓国側は東海と日本海の併記を求める意見を国際水路機関(IHO)に提出している。

 釜山外国語大学の金文吉(キム・ムンギル)韓日文化研究所所長は3日、東海を朝鮮海と表記した日本の古地図を公開した。金氏が日本の古書店で入手したこの地図には「フランス人が作った地図が外国語になっており、日本の漢字に直す」という説明とともに、制作年は1835年となっている。金氏によると、これまで公開された朝鮮海表記の地図の中で最も古いものという。

 金所長は地図の説明にある「フランス人」に対し、学会ではイタリア人宣教師マテオ・リッチが1602年に作った地図を意味するものと理解していると伝えた。

 金所長は日本と韓国、中国の古地図128舗を調べたところ、朝鮮海と表記されている地図は80舗、東海は20舗、日本海は11舗などだったと明らかにした。その上で、日本海と表記されている地図は1904年に始まった日露戦争の前後に制作されたもので、日本が日露戦争を契機に朝鮮海を日本海と表記し、独島までを支配下に置く意図があったと分析した。

 金所長は日本との東海表記問題では東海ではなく、朝鮮海の表記を主張するのが説得力があると強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。