Go to Contents Go to Navigation

KTX酔客がドア開け、高速で8分間走行

記事一覧 2011.05.04 15:15

KTX酔客がドア開け、高速で8分間走行

【大邱4日聯合ニュース】走行中の韓国高速鉄道(KTX)の車内で、酒に酔った乗客が非常レバーで開け、列車がそのまま8分間走行し続けるという騒ぎがあった。

 釜山地方鉄道警察隊などが4日に明らかにした。同隊などによると、3日夜にソウル駅を出発し4日午前零時15分ごろ慶尚北道金泉市の金泉亀尾駅近くを通過したKTX173号車内で、泥酔状態の44歳の会社員の男が、非常レバーを引き車両のドアの一部を開けた。当時、KTXは時速300キロメートルで走行しており、開いたドアから強い風が列車内に吹き込み、車両が揺れるなどしほかの乗客にも動揺が広がった。急いで駆けつけた乗務員らが手動でドアを閉めるまで、約8分間にわたり列車はそのまま走行した。この騒ぎで列車は速度を時速200キロメートル前後まで落とした。

 男は乗務員らに取り押さえられ、次の停車駅で釜山地方鉄道警察隊東大邱センターに引き渡された。調べに対し、「酒に酔った状態で列車内にいるのが息苦しく、ドアを開けようと思った」と話しているという。

 鉄道警察隊は近く男を業務妨害の容疑で立件する方針だ。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。