Go to Contents Go to Navigation

国後訪問の韓国議員、日本の独島領有権主張をけん制

記事一覧 2011.05.25 16:54

国後訪問の韓国議員、日本の独島領有権主張をけん制

【永宗島25日聯合ニュース】日本とロシアが領有権を争っている北方領土の国後島を訪問していた韓国の国会議員3人が25日に帰国した。3議員は日本が独島の領有権を主張していることについて、あらためてけん制した。

 訪問していたのは韓国国会の独島領土守護対策特別委員会に所属する最大野党・民主党の国会議員3人。 22日に出国し、24日に国後島を訪問した。

 帰国後、仁川国際空港でメディア取材に応じた3人は、同じ領土問題でも北方領土と独島は背景が違うと前置きしながらも、「日本はこれ以上、独島の領有権で問題を起こさないことを望む」などと述べた。

 同委員会委員長を務める姜昌一(カン・チャンイル)議員は、今回の国後島訪問に日本政府が遺憾の意を表明したことについて、「日本側の一方的な論理」と反発した。

 また来月に活動を終えることになっている独島領土守護対策特別委員会については、教科書検定問題が再燃することを念頭に「常設化のための法案を提出する」と述べた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。