Go to Contents Go to Navigation

韓国サッカー八百長、現役プロ選手3人を新たに拘束

記事一覧 2011.05.30 09:36

韓国サッカー八百長、現役プロ選手3人を新たに拘束

【昌原30日聯合ニュース】サッカーのプロリーグ、Kリーグのサッカーくじをめぐる八百長問題を捜査している昌原地検は29日、金を受け取り自身が出場する試合で八百長を行った疑い(国民体育振興法違反)で、大田シチズン所属の現役選手3人を拘束した。証拠隠滅と逃走の恐れがあるとして、拘束令状が出された。

 3人は、4月6日に行われたKリーグの正規試合ではない「ラッシュ・アンド・キャッシュカップ 2011」浦項スティーラーズ戦で試合を操作する見返りに、同じチームの選手(拘束済み)から1000万ウォン~4000万ウォン(約75万~300万円)を受け取った疑い。

 拘束済みの選手は、ブローカーから1億2000万ウォンを受け取り、ほかの選手らに分配していた。問題に関与した大田シチズンの選手は8人で、このうち計4人が拘束となった。

 今回の八百長問題では29日現在、選手5人、ブローカー2人が拘束されている。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。