Go to Contents Go to Navigation

ソフトバンクのデータセンター、金海市に移転へ

記事一覧 2011.05.30 11:03

ソフトバンクのデータセンター、金海市に移転へ

【金海30日聯合ニュース】慶尚南道金海市の金孟坤(キム・メンゴン)市長は30日、日本のソフトバンクのデータセンターを同市に誘致することになったと明らかにした。ソフトバンクは東日本大震災の後、電算関連資料を韓国で安全に保管することをKTと緊密に協議し、これを進めることを確定したと説明した。同市内にあるKTの研修施設を改築してデータセンターとする計画だ。

 金市長は、世界的IT企業のソフトバンクを誘致することで、市の未来発展だけでなく地域のIT技術の画期的発展ももたらされると、期待感を示した。

 金海市のKT研修施設は、3万6000平方メートル規模。1994年に建設されたが、2009年から売却が進められていた。

 金市長は、ソフトバンクとKTが30日中に共同で発表を行うと伝えた。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。