Go to Contents Go to Navigation

古里原発抱える釜山市民、半数以上が「原発は危険」

記事一覧 2011.06.02 10:20

古里原発抱える釜山市民、半数以上が「原発は危険」

【釜山2日聯合ニュース】古里原子力発電所を抱える釜山市民の半数以上が、原発は危険だと考えていることが分かった。

 釜山環境運動連合付設の研究所が2日、調査機関に依頼し釜山市民1000人を対象に先月19日から3日間実施したアンケートの結果を明らかにした。それによると、58.6%が「原発の危険性を感じている」と回答した。

 また、釜山市機張郡の古里に原発施設が集中していることに、43.7%が不安感を示した。故障で一時運転を停止し再稼動をめぐって論議を呼んだ古里原発1号機については、42.8%が閉鎖に賛成。運転に問題はないとの回答は11.8%、よく分からないとの回答は46.4%だった。政府は古里原発は安全だと発表したが、市民の不安は解消されていないことが分かった。

 政府の原発政策に対しては、段階的に閉鎖し再生可能エネルギーに代替すべき(39.5%)との意見と、運営中の原発は稼働し新設はすべきでない(21.4%)との意見が多かった。計画通りの原発建設を進めるべきとの回答は7.4%にとどまった。

 一方、東日本大震災で被災した福島第1原子力発電所の事故による放射能被害に不安を感じるとの回答者は60.7%に達した。日本産農産物を購入しないとの回答が59.7%に達し、購入の意志を示した回答者は8.4%にとどまった。

mazi38@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。