Go to Contents Go to Navigation

神戸発のクルーズツアー、韓国京畿道が10月に実施

記事一覧 2011.06.02 20:02

神戸発のクルーズツアー、韓国京畿道が10月に実施

【水原2日聯合ニュース】韓国の京畿道と京畿観光公社は2日、日本から観光客を乗せ、同道の平沢港に入港するクルーズツアーを実施すると明らかにした。

 同ツアーは10月10日に神戸港を出発し、中国の天津港と大連港を経由して16日に平沢港に寄港、17日に神戸港に戻るコースになっている。

 韓国では1泊2日間、水原にある世界文化遺産「華城」や韓国民俗村など、京畿道の観光地を訪れるほか、名物として知られる「水原カルビ」が味わえる。

 クルーズは日本クルーズ客船の大型客船、ぱしふぃっくびいなす(2万6594トン)で、644人が搭乗可能な客室や、プール、高級レストラン、カフェー、ラウンジ、バー、サウナなどの施設を設けている。

 京畿道は今後、さまざまな素材を活用した観光商品の開発するとともに、多角的なマーケティングを展開し、外国人観光客の誘致に積極的に取り組む方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。