Go to Contents Go to Navigation

グリーンピースが会見、韓国政府に脱原発求める

記事一覧 2011.06.07 16:27

グリーンピースが会見、韓国政府に脱原発求める

【仁川7日聯合ニュース】国際環境保護団体「グリーンピース」は7日、仁川港に停泊中の活動船「レインボー・ウォーリア」の船上で記者会見し、日本の福島第1原子力発電所事故による放射能汚染調査の過程と結果を発表し、原発の危険性を訴えた。

 グリーンピース東アジア支部のマリオ・ダマト支部長と放射能専門家3人は、福島とその周辺地域での調査の結果、海藻類から最大で基準値の63.5倍を超える放射性物質が検出されたと明らかにした。その上で、韓国政府に対し、原発から再生可能エネルギーへの転換を求めた。

 レンボー・ウォーリアは韓国付近の海上で漁業関連の調査作業を行っていたが、東日本大震災の発生を受け海洋調査チームなどを組織。福島地域の放射能汚染調査を実施していた。

 グリーンピースは13日に釜山の古里原発など韓国で稼動中の原発を視察するとともに、地域住民と連携した活動を展開する計画だ。また、今年中に韓国に東アジア支部所属事務所を開設するとしている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。