Go to Contents Go to Navigation

賠償制度など医療観光の活性化対策まとめ、韓国政府

記事一覧 2011.06.08 11:56

賠償制度など医療観光の活性化対策まとめ、韓国政府

【ソウル8日聯合ニュース】韓国の保健福祉部は8日、医療観光の競争力を向上させるため、医療観光事業の活性化対策をまとめた。

 韓国は2009年5月、外国人患者の誘致が可能となってから政府の支援や民間投資を通じ、安定的な基盤を構築してきた。だが、昨年韓国を訪れた外国人患者は8万1789人だったのに対し、タイは156万人、シンガポールは72万人、インドは73万人を誘致した。韓国の誘致数が少ない背景には、低い認知度や不十分なインフラなどがあると指摘されている。

 これを受け、同部は外国人患者への賠償制度導入や医療機関内の宿泊施設の容積率緩和、ビザ制度の改善など、七つの重点課題を挙げ、積極的に取り組む方針を示した。   

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。