Go to Contents Go to Navigation

来春のソウル核安保サミット、「核の安全」が議題へ

記事一覧 2011.06.14 17:11

来春のソウル核安保サミット、「核の安全」が議題へ

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウルで来年3月に開催される核安全保障サミットで「核の安全」が公式議題になる見通しだ。

 同サミットの交渉代表を務める韓国外交通商部の金奉炫(キム・ボンヒョン)多者外交調整官と米ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のゲーリー・セイモア調整官(大量破壊兵器担当)が14日にソウルで行った会談で合意した。外交通商部当局者によると、具体的な方向や内容は今後、検討していく方針だ。

 核の安全は核テロの防止を目標とする「核の安全保障」と異なり、核関連施設の安全事故を防ぐことに焦点を当てている。福島第1原子力発電所の事故を受け、国際社会の重要課題として浮上している。

 ソウル核安全保障サミットでは福島原発事故を踏まえ、各国の原発施設の安全確保や北朝鮮の寧辺にある核施設の安全問題が議論されるとみられる。

 セイモア調整官は13日の聯合ニュースとのインタビューで、福島原発事故は自然災害で原発事故が発生すれば、安全保障と安全システムが崩壊することを見せた例だと指摘。こうした状況に備えた対応策を議論する必要性があると強調した。

 また、外交通商部の金星煥(キム・ソンファン)長官はソウル市内で同日に行われたセミナーで、北朝鮮の核施設は国際的な安全基準を満たさない可能性が高いと指摘し、国際社会が関心を持つ必要があると呼びかけた。 

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。