Go to Contents Go to Navigation

<インタビュー>「ナンタ」の宋承桓氏、アジア向けミュージカル制作

記事一覧 2011.06.16 11:31

<インタビュー>「ナンタ」の宋承桓氏、アジア向けミュージカル制作

【ソウル聯合ニュース】厨房を舞台に繰り広げられるノンバーバル・パフォーマンス(せりふのない劇)「ナンタ」の制作会社・PMCプロダクションが、いわゆる「韓流ミュージカル」を披露する。企画段階からアジア進出を狙った創作ミュージカル「狼の誘惑」は来月から韓国で上演し、来年はアジアツアーに乗り出す計画だ。

 PMC共同代表で「ナンタ」の生みの親でもある宋承桓(ソン・スンファン)さんは聯合ニュースとのインタビューで「韓国の公演市場が段々縮小しているだけに、海外市場を開拓すべきだ。K-POPブームを狙い、アジアの観客が好きな歌に目を付けた」と話した。

 実際に「狼の誘惑」には、少女時代、H.O.T、godなどアイドルグループのヒット曲11曲がミュージカル曲として再誕生する。韓国では7月16日~10月30日に上演され、来年は日本を含むアジア進出を模索する。制作費は今年の韓国公演だけで20億ウォン(約1億5000万円)程度がかかる。

 今年の公演にはアジア各国の関係者らを招待する。彼らの意見を反映して来年に韓国で再上演してから海外に進出するとの計画だ。そうなると総制作費は40億ウォンに達すると予想される。

 ただ、海外公演について具体的に決まったことはないという。「『ナンタ』公演を通じて知り合ったアジアプロモーターもいるし、今回は韓流ミュージカルののろしになると思う。韓流が最も盛り上がっているのはタイで、同国をはじめ、日本、中国、マレーシアなども検討している」と説明した。

 宋さんはプロダクション代表である前に、俳優である。現在、MBC週末ドラマで悪役を熱演中だ。「事業家と俳優の二つの顔を持っていると思う。常に新しいことを探し出すのは退屈なことじゃないから(笑)」。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。