Go to Contents Go to Navigation

冬季五輪開催地に決まった平昌、3度目の挑戦で悲願達成

記事一覧 2011.07.07 02:58

冬季五輪開催地に決まった平昌、3度目の挑戦で悲願達成

【ダーバン聯合ニュース】江原道・平昌の2018年冬季五輪招致は2度の失敗を経て、3度目の挑戦でつかんだ快挙となった。また、江原道、スポーツ界、財界が中心となった招致委員会と韓国政府が一致団結した成果という点で意義が大きい。

 1999年、平昌の龍平リゾートで開催されたアジア冬季競技大会の閉会式で当時の金振ソン(キム・ジンソン)江原道知事が冬季五輪の招致に乗り出すことを発表したときは、招致実現に懐疑的な見方が多かった。

 当時、江原道にはスキージャンプとボブスレーの競技場がないという状態だったが果敢に招致に挑戦、2度の失敗を克服し、ついには成功した。アジアでは日本の札幌、長野に続き3番目の冬季五輪招致となる。

 不毛の地だった平昌が五輪招致の歴史に新たな1ページを刻むことができた背景には、失敗を成功につなげるための努力と準備があった。初めて冬季五輪招致に乗り出した12年前に比べると、平昌は著しく発展した。現代式の宿泊施設が並ぶアルペンシアリゾートは海外と比べても遜色(そんしょく)ないスキーリゾートとして定着し、最先端施設を誇るスキージャンプ台、きれいに整ったノルディックスキー会場は冬季スポーツファンを呼び寄せている。

 数年前と比べると、五輪開催が可能なほど完ぺきに様変わりした平昌は、2月に訪問した国際オリンピック委員会(IOC)の評価委員会を驚かせた。2度の失敗にもかかわらず、必ず五輪を招致するという江原道民の情熱を確認した。

 平昌の冬季五輪招致は、スポーツ界はもちろん、政府と財界が国民の願いをかなえるため力を合わせた成果といえる。最初の挑戦では、政府と財界の協力はあったものの今回のような全面的な協力ではなかった。2度目の挑戦のときは、当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が直接、IOC総会に出席したが、国民的支持を導き出すには物足りなさが残った。

 しかし、今回は平昌冬季五輪誘致委員会が江原道傘下の法人から政府傘下の法人に変わり、冬季五輪招致が国家的課業となった。大韓航空の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が誘致委の委員長を務め、斗山グループのオーナーで大韓体育会の朴容ソン(パク・ヨンソン)会長も招致活動に力を注いだ。IOC委員の李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長は世界を回りながら支持を訴え、李大統領はIOC総会が開催された南アフリカ共和国のダーバンに国家元首としては過去最長の6日間滞在し、平昌をアピールした。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。