Go to Contents Go to Navigation

サイワールドなどにハッカー、3500万人分情報流出

記事一覧 2011.07.28 20:59

サイワールドなどにハッカー、3500万人分情報流出

【ソウル聯合ニュース】韓国を代表するインターネットサイトがハッカー攻撃を受け、約3500万人分の個人情報が流出したことが分かった。韓国で過去最大規模のハッカー攻撃となる。

 SKコミュニケーションズは28日、同社が運営するポータルサイト「ネイト」とソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「サイワールド」が26日に外部からハッカー攻撃を受け、会員情報が流出していたことを明らかにした。ネイトの会員数は2500万人、サイワールドは3300万人で、両サイトへの重複加入を除くと、流出した個人情報は3500人分と予想される。現在のところ流出が確認されている情報は、暗号化されたIDと名前、電話番号、電子メールアドレス、暗号化されたパスワード、住民登録番号などだ。

 大企業が運営する大手ポータルがハッカー攻撃を受けた上、発生から2日後に情報流出が確認されたという点でも衝撃は大きい。

 放送通信委員会も28日午後、緊急記者懇談会を開き、両サイトがハッカー攻撃を受けた事実を明らかにした。さらに被害が拡大しないよう、これらサイトと同じIDやパスワードを別のサイトで使っているユーザーに、パスワードを変更するよう呼びかけたほか、流出情報を悪用したボイスフィッシング(電話による金融詐欺)や迷惑メールなどの2次被害に遭わないよう、格別な注意を促した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。