Go to Contents Go to Navigation

<芸能>ドラマ撮影拒否のハン・イェスル「18日までには復帰」

記事一覧 2011.08.16 18:14
「スパイ・ミョンウォル」のハン・イェスル
「スパイ・ミョンウォル」のハン・イェスル

【ソウル聯合ニュース】主演ドラマ「スパイ・ミョンウォル」の撮影を拒否し、現在米国に滞在中の女優ハン・イェスルが16日、撮影に復帰する意向を明らかにした。

ハン・イェスルとイ・ジヌク

 所属事務所のサイダスHQは同日午後4時40分に報道資料を発表し、「ハン・イェスルが最大限迅速に帰国し撮影現場に復帰、最善を尽くして最後まで撮影に臨む意向を明らかにした」と伝えた。

 ドラマ「スパイ・ミョンウォル」はKBS第2で毎週月・火曜日に放送されており、ハン・イェスルが主人公のミョンウォルを演じている。ドラマの制作会社とKBSによると、これまでハン・イェスルはドラマの演出者との対立が続き、13日に撮影現場で大きく言い争ってからは撮影を拒否、14日に続き15日も撮影現場に現れなかった。16日には米ロサンゼルス国際空港を出る姿が複数のメディアによって確認された。15日に放送予定だった第11話はオンエアされなかった。

 所属事務所は今回の事態について、「ハン・イェスルが多忙な撮影スケジュールにより心身ともに疲れてた状態が続いていたため判断力が低下し、多くの方に迷惑をかけてしまった。大きな責任を感じている」と謝罪した。

 ハン・イェスルと電話で話をした所属事務所関係者は「できるだけ早く帰国すると話していた。遅くても18日までには戻るのではないかと思う。これまで本人の考えと事態の原因を正確に把握するため立場を明らかにすることができなかった」と述べた。

「スパイ・ミョンウォル」の主演者ら

 一方、KBSは同日午後2時に緊急記者会見を開き、ハン・イェスルの行動はいかなる理由があっても許されないとし、代役を立ててドラマを最後まで完成させると明らかにした。

 ハン・イェスルが撮影復帰の意思を表明したことを受け、KBSと制作会社は今後の対応を話し合っている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。