Go to Contents Go to Navigation

韓国のホワイトカラー就業者、400万人を突破

記事一覧 2011.08.17 11:21

韓国のホワイトカラー就業者、400万人を突破

【ソウル聯合ニュース】産業構造の高度化が進み、ホワイトカラー(事務職)部門の就業者数が初めて400万人を超えた。

 統計庁が17日にまとめた資料によると、7月の事務従事者(就業者)は402万6000人となり、前年同月の375万8000人より7.1%増加し、統計を取り始めて以来、初めて400万人を上回った。

 事務従事者とは韓国標準職業分類上、経営・会計、金融・保険、法律・監査、相談・案内などの事務職従事者を指す。

 事務従事者は2004年7月の333万4000人から増え続け、2010年11月には390万人を上回った。

 就業者全体で事務従事者が占める割合は16.3%で、前年同月の15.5%に比べ0.8ポイント上昇した。2004年の14%台に比べると約2ポイント上がった。

 企業の幹部と政府の高官などの管理者や法律・金融専門家などを含めた一般的な意味のホワイトカラー部門の就業者数は927万5000人で、就業者全体の37.6%を占めている。

 統計庁関係者は「産業構造の高度化が進み、ほかの職種に比べ事務職が相対的に大幅に伸びた」と話した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。