Go to Contents Go to Navigation

きょうソウルの無料給食住民投票、福祉政策にも影響

記事一覧 2011.08.24 08:53

きょうソウルの無料給食住民投票、福祉政策にも影響

【ソウル聯合ニュース】ソウル市の小中学生に対する無料給食の支援範囲をめぐる住民投票が24日午前6時から、同市内2206カ所の投票所で始まった。

 投票は「所得下位50%の子どもを対象に2014年までに段階的に無料給食を提供」、「所得に関係なく、小学生は2011年から、中学生は2012年から全面的に給食を無料提供する」のいずれかを選ぶ。

 投票は午後8時に締め切られ、有権者838万7278人のうち33.3%以上が投票した場合、午後9時から開票が行われる。

 無料給食の支援範囲に関する住民投票は、野党・民主党らが給食の全面無料化を主張するのに対し、呉世勲(オ・セフン)ソウル市長は予算の無駄遣いだとして住民投票を発議した。同市長は投票率が33.3%に達しない場合は市長職を辞任する意向を示している。

 巨大都市ソウルの給食問題は国の福祉政策にも大きな影響を与えるとみられ、全国の注目を集めている。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。