Go to Contents Go to Navigation

金総書記が帰国、朝鮮中央通信「訪中成果あった」

記事一覧 2011.08.28 09:53
金総書記が中国入り

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正日(キム・ジョンイル)総書記が訪ロと訪中を終え27日に帰国したと報じた。

移動する金総書記ら

 金総書記の三男で後継者の金正恩(キム・ジョンウン)氏、金総書記の実妹の金敬姫(キム・ギョンヒ)朝鮮労働党軽工業部長をはじめ、党と軍の関係者らが中朝国境の駅で金総書記一行を出迎えたと伝えた。

 同通信は、「金総書記の中国・東北地域の通過(経由)と訪問は胡錦濤国家主席同志と中国の党および政府、人民の特別な関心を集め、成果があった」とし、両国間の伝統的な親善協調関係を力強く示し、両国人民のきずなをさらに深めたもう一つの重要な契機となったと評価した。また、金総書記が訪中の結果について満足感を示したと伝えた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。