Go to Contents Go to Navigation

日本新内閣発足、韓国政府「未来志向的関係に期待」

記事一覧 2011.09.02 21:17

日本新内閣発足、韓国政府「未来志向的関係に期待」

【ソウル聯合ニュース】外交通商部の趙炳ジェ(チョ・ビョンジェ)報道官は2日に論評を発表し、同日午後に発足した日本の新内閣に対し、「過去を直視しつつ、協力基調が維持・強化されることで韓日関係が成熟した未来志向的協力関係に発展することを期待する」と述べた。

 趙報道官は「韓日は、両国の関係発展が東アジアの安定と繁栄に向けても非常に重要だという認識の下、近くて近い国として友好協力関係を維持するために努力を続けている。政府は野田佳彦新首相の選出と内閣発足を祝福する」と述べた。

 一方、韓国政府当局者は、日本の新外相に保守派の玄葉光一郎氏が起用されたことについて、基本的に外交政策に大きな変化はないだろうとの見方を示した。

 ある当局者は「野田内閣の全体的な政策方向をみるべきだ。玄葉外相は韓国当局者との面談で、韓国との友好協力関係を重視するとの立場を強調してきただけに、政策基調に大きな問題はないだろう」と述べた。

 しかし一方では、玄葉外相が、日本政府が昨年8月に韓日併合100年に際し発表した首相談話に否定的な立場であることや、旧日本軍従軍慰安婦や強制徴用者への補償に反対しているとの理由から、過去の歴史問題と関連しては両国関係がぎくしゃくする可能性を懸念する見方もある。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。