Go to Contents Go to Navigation

「求む独島義務警察」、志願者を初めて公開選抜

記事一覧 2011.09.06 10:51

「求む独島義務警察」、志願者を初めて公開選抜

【ソウル聯合ニュース】兵役義務を独島で果たしたいという若者を韓国の警察が募集する。

 警察庁は6日、独島を守りたいという意志のある韓国の若者を対象に、兵役として独島を警備する「義務警察」を、初めて公開選抜することを明らかにした。

 現在、独島を警備している「戦闘警察」は、兵役服務者の中から無作為に選ばれている。警察庁の関係者は、「今後は、初めから独島を警備するという意志を持つ義務警察を派遣する」と話した。海兵隊のように志願を受け付けることで、「独島警備が精鋭化して、独島を守る意志を国内外に明らかにする効果もあるという判断」と述べた。

 警察庁は今年3回に渡って選抜、11月から独島に配属する予定だ。4個小隊で編成される義務警察は、50日ごとに交代で独島で勤務し、それ以外の期間は鬱陵島に駐屯する。

 警察庁関係者は、毎月7人ずつ選抜し、「2013年7月ごろには、全戦闘警察を義務警察に交代する」と説明した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。