Go to Contents Go to Navigation

世論調査で人気首位の安哲秀氏、ソウル市長選不出馬

記事一覧 2011.09.06 17:34

世論調査で人気首位の安哲秀氏、ソウル市長選不出馬

【ソウル聯合ニュース】10月26日に開かれるソウル市長補欠選挙への出馬が取りざたされていた安哲秀(アン・チョルス)ソウル大学融合科学技術大学院長は6日、記者会見を開き、同選挙に立候補しない意向を明らかにした。安哲秀氏は若者層の絶対的な支持を受け、次期市長についての各種世論調査でトップに立っていた。

 この日、ソウル市内で開いた記者会見で安哲秀氏は自らの不出馬を表明。民間シンクタンク「希望製作所」の常任理事を務める朴元淳(パク・ウォンスン)弁護士を支持するとした。

 安哲秀氏は自らに対する世論の支持に謝意を示し、「自分に対する期待は社会のリーダーシップに対して変化を求めていることの表れだと思う」と述べた。

 朴弁護士については、「韓国社会のために献身し、市民社会運動に新しい花を咲かせた。ソウル市長に最もふさわしい」と支持理由を述べた。

 安哲秀氏と朴弁護士の候補一本化は、市長選の構図にも影響を与えるとみられる。最大野党・民主党は野党統一候補の選出作業を急ぐ一方、与党ハンナラ党は党外の大物候補を擁立する可能性も出ている。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。