Go to Contents Go to Navigation

韓国衛星「アリラン5号」、11月中旬に打ち上げ

記事一覧 2011.09.08 17:37
「アリラン5号」公開

【大田聯合ニュース】韓国航空宇宙研究院は8日、大田市の大徳研究開発特区で、打ち上げに向けた検査を終了した多目的偵察衛星「アリラン5号」を公開した。

 「アリラン5号」は高さ4メートル、直径2.6メートル、重さ1.4トン。2005年6月から2400億ウォン(約173億円)をかけ、開発された。地上基地局との交信、打ち上げの衝撃や宇宙環境への対応などを確認する作業も終えた。

 今月末にもロシアにある打ち上げ場に移動させる予定だ。打ち上げは11月中旬ごろになるという。

 「アリラン5号」は5年間にわたり地球上空550キロメートルの軌道を1日15週し、世界の全地域を観測する予定だ。

 地表面にある縦横1メートルの物体まで識別できる韓国初の合成開口レーダー(SAR)を搭載しており、悪天候や夜間でも精密な地上観測が可能だ。

 映像情報の自由な取得や活用が可能となるほか、現在運営されている「アリラン2号」などと連携し、自然災害や環境変化などをより正確に把握できるという。

 韓国が初の衛星を打ち上げたのは1992年。「アリラン5号」は14番目に打ち上げる衛星となる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。