Go to Contents Go to Navigation

李大統領、天候悪化で独島訪問計画中止していた

記事一覧 2011.09.09 08:52

李大統領、天候悪化で独島訪問計画中止していた

【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は8日夜、テレビ対談に出演し、独島を訪れようとしたが天候の悪化で中止していたことを明らかにした。独島訪問については、「いつでも訪問が可能」とした。

 李大統領は独島を訪問しようとしたことについて、先月、金潤玉(キム・ユンオク)夫人が、独島の北西に位置する鬱陵島に行きたいと言ったので「一緒に鬱陵島に行き、ついでに独島に立ち寄る約束をしたが、天候の悪化で行けなかった」と話した。また「独島訪問はいつでも可能。行きたければ年内にも行ける」と述べた。

 李大統領は独島の領有権問題について、多くの日本人が領有権を主張し、教科書にも載っているが、韓国の領土だと理解している人も多い」と語った。

 ロシアの天然ガスを北朝鮮経由で韓国に送るガスパイプラインの建設計画については、「予想よりも早く協議が進行している」と述べ、実際に契約を結ぶ際には補償問題まで含める必要があるとの認識を示した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。