Go to Contents Go to Navigation

独島への軍循環配置も視野、韓国国防部長官

記事一覧 2011.09.19 15:27

独島への軍循環配置も視野、韓国国防部長官

【ソウル聯合ニュース】韓国の金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官は19日、独島への軍配置について、「兵力を循環配置するのも一つの方法」との考えを示した。国会の国政監査で、「独島に強力な軍隊が駐屯することを検討すべき」との与党議員の質問に答えた。

 金長官は「軍は政府が決定すれば、(独島に)軍事力を投入し、対処する」と述べた。

 また、日本が独島を自国の領土を主張していることを受け、8月2日に在韓日本大使館の国防武官を呼び、厳重に抗議し、国防部の立場を本国に伝えるよう求めたと伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。