Go to Contents Go to Navigation

韓日のワーキングホリデー枠、年間1万人に拡大

記事一覧 2011.09.21 11:03

韓日のワーキングホリデー枠、年間1万人に拡大

【ソウル聯合ニュース】韓日のワーキングホリデー制度の年間ビザ(査証)発給枠が、現在の7200人から1万人に拡大する。外交通商部が21日、明らかにした。

 2008年の韓日首脳会談で、同制度のビザ発給枠を2012年に1万人に引き上げると合意していた。両国政府はこのほど、同枠拡大を来月1日から適用することで合意した。

 ワーキングホリデーは青年(18歳~30歳)が相手国で休暇を取りながら、滞在期間に一定の就労を認めるビザを発給する制度。

 韓日両国は1999年に協定を発効。当初ビザ発給枠は1000人だったが、交流が活発になり発給枠が拡大している。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。