Go to Contents Go to Navigation

ユニークで自然災害にも強い設計 「映画の殿堂」=釜山

記事一覧 2011.09.26 13:35

ユニークで自然災害にも強い設計 「映画の殿堂」=釜山

【釜山聯合ニュース】釜山・海雲台区に新しく設立された「映画の殿堂」が29日にオープンを迎える。9階建ての本館と韓国最大の野外スクリーンを持つ野外劇場があり、韓国映画産業のシンボルになると期待されている。

 「映画の殿堂」は、超大型のルーフを一つの柱が支えている世界でも珍しいデザイン。ルーフは全長163メートル、幅61メートル、重さ1500トンに達する。施設を運営する財団法人はギネスブックへの登載を推進している。

 ユニークかつ巨大な建築物だが、世界で台風や地震など自然災害が頻発しているだけに、安全問題を懸念する声は少なくない。

 だが、施行会社の韓進重工業などによると、「映画の殿堂」は台風、地震、大雪などにしっかり対応できるように設計されている。最大風速65メートル、震度7の地震、1メートルの積雪量などに耐えられる強度で建築されたという。

 また、台風や地震など危険状況が発生すれば、地下から10段の補助柱がアンテナのように出てきて、ルーフの左右をしっかり支える。施工会社は「最先端工法を取り入れた。自然災害による安全問題はない」と説明している。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。