Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自、準中型電気自動車の開発計画発表

記事一覧 2011.09.28 19:31

現代・起亜自、準中型電気自動車の開発計画発表

【ソウル聯合ニュース】起亜自動車と現代自動車がそれぞれ2014年上半期(1~6月)、2015年下半期(7~12月)に準中型電気自動車を発売する計画だ。

 現代・起亜自動車は28日、光州で開かれた韓国自動車記者協会主催のシンポジウムで、電気自動車の開発範囲を拡大する内容の「電気自動車開発ロードマップ」を発表した。

 イ・ギサン環境車システム開発室長は、電気自動車の開発範囲をプラグイン電気自動車と準中型電気自動車に拡大するなど、グリーンカー開発体制を強化する計画だと明らかにした。準中型電気自動車の研究開発(R&D)を集中的に行い、2014年上半期に起亜自が、2015年下半期には現代自がそれぞれ準中型電気自動車を披露する計画だと説明した。

 また、現代・起亜自動車は年末に電気自動車「TAM」を試験生産し、2012年末までに2000台以上を普及させる計画だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。