Go to Contents Go to Navigation

ロッテ会長 震災後から滞在した韓国から日本へ

記事一覧 2011.10.06 18:46

ロッテ会長 震災後から滞在した韓国から日本へ

【ソウル聯合ニュース】ロッテグループの辛格浩(日本名=重光武雄)会長が6日、日本に帰国した。辛会長は3月に東日本大震災が発生してから約7カ月間、韓国に滞在していた。

 ロッテグループの関係者は「韓国滞在が思ったより長くなった。日本での事業の様子を点検するために帰国した」と話す。日本には約1カ月滞在する予定だという。

 財界関係者などの間では、辛会長が1カ月ごとに韓日両国に滞在する「シャトル経営」を復活させるのではないかとの観測が出ている。辛会長は大震災までの約30年間、「シャトル経営」を行ってきた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。