Go to Contents Go to Navigation

韓米FTAの再交渉を要求=韓国最大野党代表

記事一覧 2011.10.14 10:26

韓米FTAの再交渉を要求=韓国最大野党代表

【ソウル聯合ニュース】韓国最大野党、民主党の孫鶴圭(ソン・ハクキュ)代表は14日、米国議会で実施法案が可決された韓米自由貿易協定(FTA)について、あらためて交渉のやり直しを求める意向を示した。

 同日、国会で開かれた党最高委員会議で孫代表は、「韓国は米国の従属国ではない。米国が批准したからといって、(韓国は)付和雷同し急いで議会批准する必要はない」と述べた。

 孫代表は李明博(イ・ミョンバク)大統領が国賓として米国を訪問していることについては、「歓迎すべきことだ」とした上で、「国益は別問題。ボタンを掛け違えた協定は正さなければならない」と主張。韓米FTAで民主党が主張する庶民や中小企業、農家などに対する被害対策などを盛り込むよう求めた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。