Go to Contents Go to Navigation

漢字知らない韓国人 子どもの名前さえ書けない

記事一覧 2011.10.24 20:48

漢字知らない韓国人 子どもの名前さえ書けない

【ソウル聯合ニュース】ソウル市民の約半数が自分の子どもの名前を漢字で書けないという驚きの調査結果が24日、明らかになった。「漢字文化」の消失が叫ばれて久しい韓国社会だが、その深刻さがあらためて浮き彫りになった。

 成均館大学の李明学(イ・ミョンハク)教授が30~80歳代の427人を対象にアンケートを実施した。その結果、47.8%が自分の子どもの名前を間違えて書いたり、書けなかった。30.2%は子どもの名前を一文字も書けなかった。

 子どもの名前を漢字で書けない人は弱年層ほど多かった。書ける人は60代が64.6%で最も多く、次いで50代(56.0%)、40代(54.6%)、30代(37.2%)などの順になった。

 崔、鄭、柳など比較的難しい姓を持つ回答者は、自分の苗字も書けない人が多かったという。

 金教授は、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領時代の1970年に教科書などで漢字を使用しないようにする「漢字廃止政策」を取ったことなどが漢字の無知を生んだと嘆いた。金教授は「子どもの漢字ぐらいは書けるようにしなければ」と基礎漢字教育の早期導入を訴えた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。