Go to Contents Go to Navigation

韓米FTA批准案処理が再度延期 与野党は折衝

記事一覧 2011.11.10 10:08

韓米FTA批准案処理が再度延期 与野党は折衝

【ソウル聯合ニュース】韓米自由貿易協定(FTA)批准案の処理を目指し10日に予定されていた国会本会議が、与野党の合意で中止となった。与野党の対立で本会議が中止されたのは3日に続き2度目。

 本会議の中止で韓米FTA批准案の処理は自動的に延期される。次回の本会議は24日に予定されている。

 与野党の最大の争点となっている、投資家が投資国の裁判所ではなく、第3の仲裁機関で紛争を解決できる国家訴訟制度(ISD)について、最大野党の民主党が折衝案を提示していた。そのため、今週まで水面下での交渉を続け妥協点を探ることで、与野党院内代表の意見が一致したとみられる。

 民主党の折衝案は、韓米FTA批准案発行直後にISDの存廃について協議を始めるという約束を米国が受け入れるなら、批准案処理を物理的に阻止しないという内容。民主党議員45人が支持を表明している。

 ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。