Go to Contents Go to Navigation

韓国武芸「テッキョン」など2件 無形遺産に登録勧告

記事一覧 2011.11.11 10:19

韓国武芸「テッキョン」など2件 無形遺産に登録勧告

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化財庁は11日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産の事前審査機関が伝統武芸「テッキョン」と伝統芸能「綱渡り」を遺産の代表リストに登録するよう勧告したと発表した。インドネシア・バリ島で22~29日に開かれるユネスコ無形文化遺産委員会で、正式に決まる見通し。

 韓国が提案していた「朝鮮王朝宮中料理」など4件は、追加説明を求める「情報照会」勧告を受けた。同4件の登録は不透明となった。

 「朝鮮王朝宮中料理」は韓国の料理文化を代表する遺産の一つ。政府レベルで意欲的に登録を進めてきたため、事前審査の結果は予想外だった。文化財庁関係者は登録の可能性について、「半々とみている」と話している。

 一方、事前審査で日本は登録2件と情報照会4件、中国は登録1件と情報照会5件だった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。