Go to Contents Go to Navigation

7~9月期の個人負債 過去最大に=韓国

記事一覧 2011.11.21 18:34

7~9月期の個人負債 過去最大に=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行が21日に公表した「7~9月期の家計信用」(暫定値)によると、国内金融会社の個人向け融資とクレジットカードなどの販売信用を合わせた「家計信用(負債)」残高は、9月末現在で過去最高の892兆5000億ウォン(約60億円)だった。

  4~6月期に比べ16兆2000億ウォン増加したが、四半期別の増加幅は4~6月期の18兆9000億ウォンを下回った。

 個人向け融資は4~6月期に比べ14兆9000億ウォン増加の840兆9000億ウォンで、販売信用は1兆3000億ウォン増加の51兆5000億ウォンだった。

 個人向け融資のうち、預金銀行と非預金取扱機関の貸し付けは、それぞれ5兆4000億ウォン増加の449兆6000億ウォンと179兆ウォンだった。

 預金銀行の貸し付けの増加幅は4~6月期の9兆2000億ウォンに比べ大幅に縮小した一方、非預金取扱機関の増加幅は4~6月期と同水準だった。特に、保険会社の貸し付けが4~6月期の5000億ウォンから7~9月期は3兆ウォンと急増した。

 金融当局が個人融資を制限した影響で銀行の貸し付けが厳しくなったため、保険約款貸付などに需要が集中した結果とみられる。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。