Go to Contents Go to Navigation

韓米FTA批准案 韓国与党・ハンナラ党が強行採決  

記事一覧 2011.11.22 17:59

韓米FTA批准案 韓国与党・ハンナラ党が強行採決  

【ソウル聯合ニュース】与党ハンナラ党は22日午後、国会本会議を開き、韓米自由貿易協定(FTA)批准案を、野党の反対を押し切って強行採決し、可決した。

 採決には在籍議員295人のうち170人が出席した。採決結果は賛成151、反対7、棄権12。

 ハンナラ党は21日の指導部会議を経て、同日の強行採決の方針を決めた。同日午前、ハンナラ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)院内代表と最大野党の民主党の金振杓(キム・ジンピョ)院内代表による最終交渉が決裂したことを受け、強行採決に踏み切った。

 民主党や民主労働党など野党議員らは、「国民を無視した強行処理だ」と猛反発している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。