Go to Contents Go to Navigation

韓国最大野党代表「韓米FTA批准案通過は無効」

記事一覧 2011.11.22 20:58

韓国最大野党代表「韓米FTA批准案通過は無効」

【ソウル聯合ニュース】最大野党、民主党の孫鶴圭(ソン・ハクキュ)代表は22日、与党ハンナラ党により韓米自由貿易協定(FTA)批准案が国会で強行採決された後、緊急記者会見を開き、「ハンナラ党が一方的に強行処理した韓米FTA批准案の無効を宣言し、闘争を行う」と述べた。

 現政権で無効化を実現させることができなかった場合は来年の政権交代を通じ、FTA無効化を宣言し、FTAを新しくすると強調した。

 韓米FTA批准案については、投資家が投資国の裁判所ではなく、第3の仲裁機関で紛争を解決できる国家訴訟制度(ISD)などをめぐり与野党が激しく対立していた。批准案の国会処理を促すため李明博(イ・ミョンバク)大統領が協定発効から3カ月以内にISDについて米国と再交渉すると提案したが、民主党はこれを拒否し、韓米の通商担当高官が再交渉するという内容を盛り込んだ合意文書を取り交わすよう求めた。

 孫代表は「われわれは合意文書を求め、忍耐強く待ち続けたが、李大統領とハンナラ党は一方的で卑劣な方法で(批准案を)処理した」と批判した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。