Go to Contents Go to Navigation

退職年金市場が急成長 収益低調で元本割れも=韓国

記事一覧 2011.12.12 11:54

退職年金市場が急成長 収益低調で元本割れも=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国で高齢化が急速に進む中、退職金・個人年金市場の規模が拡大し、年末までに250兆ウォン(約17兆円)を突破する見通しだ。一方で、収益率が低迷し元本割れとなる商品も多く、対策が求められる。

 金融監督院と金融投資業界は11日、退職年金や個人年金(年金保険、年金ファンド、年金貯蓄)など私的年金市場の規模が、昨年末の187兆ウォンから今年末には250兆ウォンに約34%拡大するとの見通しを示した。

 その一方で、収益率は低調だ。年金貯蓄商品である新個人年金信託債券型の国民銀行など5行の平均配当率は、9月末基準で1.77~2.75%だった。物価上昇率を考慮すると収益率はマイナスとなる。同期の債券収益率(KIS債券総合指数)3.84%も下回る。

 退職年金の収益率も、7~9月の確定給付型(DB)基準で、新韓銀行など4行の収益率は1.09~1.15%にとどまった。非元本保証の商品ではマイナス7.81~マイナス4.79%と元本を割り込んだ。

 確定拠出型(DC)や個人退職基金口座(IRA)も同様に、非元本保証の商品では収益率はマイナス4~マイナス3%台だった。

 ウリィ投資証券の100歳時代研究所は、「長期的にみれば長期預金より収益率が低いのが問題。政府当局や業界レベルでの補完対策が必要」と指摘した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。