Go to Contents Go to Navigation

除雪作業で金総書記の告別式開始に遅れ?

記事一覧 2011.12.28 15:14

除雪作業で金総書記の告別式開始に遅れ?

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の平壌で27日夜から降り始めた雪が、28日に行われた金正日(キム・ジョンイル)総書記の告別式の開始時刻に影響を与えた模様だ。

 韓国の気象庁は28日、平壌で27日午後9時ごろから降り始めた雪は翌28日午後まで降り続くとの予報を発表した。

 北朝鮮の朝鮮中央放送も28日の天気予報で、午前に平壌で雪が降り、夜にはやむ見込みと伝えた。

 昨夜から降り続いた雪のため、平壌では朝から多くの人が動員され除雪作業にあたった。

 このため当初、午前10時から予定されていた金総書記の告別式が、午後2時に遅れて始まったとみられている。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。