Go to Contents Go to Navigation

国産新型攻撃機 韓国空軍に20機配備=14年までに

記事一覧 2011.12.28 18:28

国産新型攻撃機 韓国空軍に20機配備=14年までに

【ソウル聯合ニュース】韓国製高等訓練機T50を改良したFA50戦闘攻撃機20機が2014年まで空軍に配備される。

 韓国航空宇宙産業(KAI)は28日、防衛事業庁とFA50(20機)を2014年まで空軍に納品する契約を締結したと明らかにした。

 同機には7100億ウォン(約480億円)が投入される。音速の1.5倍で飛行し、探知距離100キロメートルの超精密レーダーを備える。統合直接攻撃弾(JDAM)など精密誘導装置キットを装着できる。

 誘導装置キットは北朝鮮軍の地下施設と戦車を破壊することができ、現在はF15とKF16の両戦闘機に装着されている。FA50にもこれらの措置が装着されれば、空軍の爆撃能力が大幅に向上すると期待される。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。