Go to Contents Go to Navigation

「東海」表記の正当性訴え 韓国大学生が海外広報

記事一覧 2011.12.28 20:11

「東海」表記の正当性訴え 韓国大学生が海外広報

【金海聯合ニュース】国際水路機関(IHO)の「日本海」表記を「東海・日本海」併記とすることを目指して大学生が結成した「東海守門将」が、米国やドイツ、英国、モナコなど9カ国・地域を4カ月かけて回り、広報活動を展開する。

 慶尚南道の仁済大学生5人が結成した「東海守門将」は28日、「現在の日本海単独表記は誤り」と声を上げた。

 学生らは、1977年の第3回国連地名標準化会議決議案の「複数の主権国の影響下にあり一つの名称として通用しない場合、新しい名称が合意するまで複数名称で表記する」との規定に従い、「東海・日本海」と併記すべきと強調した。

 IHOは、韓国が日本の植民地支配下にあった1921年に日本を議長国として設立された。

 1929年に発行された世界の海域の境界と名称を表記した「大洋と海の境界」で、それまで海図で使われていた「Sea of Korea」、「Eastern Sea」の表記が「Sea of Japan」と表記され、1953年の3版までこの表記が継続して使われている。

 IHOは来年4月27日に本部があるモナコで60年ぶりに総会を開き、4版改訂に向け投票を行う。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。