Go to Contents Go to Navigation

LG電子社長「3Dテレビで世界トップ目指す」

記事一覧 2012.01.11 21:33

LG電子社長「3Dテレビで世界トップ目指す」

【ラスベガス聯合ニュース】LG電子が今年、3D(立体)テレビで世界とトップを目指すと宣言した。

 米ラスベガスで開催中の世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」を訪れているLG電子の権喜遠(クォン・ヒウォン)社長は10日(日本時間11日)に記者懇談会を行い、「今年は3Dテレビ販売実績でトップになるという目標を掲げた」と明らかにした。

 権社長は、市場シェア25~27%程度で1位になれるとの見通しを示した。LG電子によると、同社の3Dテレビのシェアは2010年の6%から現在は約20%に拡大している。

 今後、大型3Dテレビのラインナップを充実し、軽くて使いやすい3Dメガネを発売する一方、3Dコンテンツも強化する計画だ。また、今年の新製品の70%を3Dテレビに充て、スマート機能をテレビの基本機能として搭載する。

 昨年、サムスン電子との間で論争となった3Dテレビの製造方式については、LG電子が採用したフィルムパターン偏光眼鏡方式(FPR)を日本のパナソニックや東芝も採用し、中国企業の60~70%もFPRを採用したとして、シャッター眼鏡方式(SG)を採用したライバル社より優位であると強調した。サムスン電子はSGを採用している。

 一方、今年のCESのトレンドについては、3Dテレビ、スマートテレビ、有機発光ダイオード(OLED)テレビの三つを挙げた。また、今回CESで発表したグーグルテレビは1~3月期に発売するとの見通しを示した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。