Go to Contents Go to Navigation

NYにも慰安婦問題ポスター 韓国の歌手ら貼付

記事一覧 2012.01.13 12:27
NYに慰安婦ポスター
元慰安婦の「家」訪問

【ソウル聯合ニュース】歌手のキム・ジャンフンさんと韓国広報専門家で知られる誠心女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)客員教授が、東京に続き米ニューヨークでも旧日本軍の従軍慰安婦問題を広報するポスターを張り付けた。徐教授が13日に明らかにした。

日本大使館前は平和路?

 徐教授は、「現地の韓国人留学生らの助けを受け、7~12日にかけてニューヨーク・マンハッタンのソーホー、タイムズスクエア、ウォールストリートなど流動人口の多い道にポスター1500枚を張り付けた」と話した。

米紙に慰安婦解決求める広告

 「DO YOU HEAR?(聞こえますか)」というタイトルのポスターは先月末に米紙ウォールストリート・ジャーナルに掲載した全面広告と同じもの。製作費用はキム・ジャンフンさんが支援した。

 徐教授は、3~4日にかけて東京都心で同様のポスター1500枚を張り、多くの日本人から連絡を受けたとして、「世界各国の人が最も多く集まるニューヨークでポスターを張り、慰安婦問題への国際社会の世論を喚起しようと考えた」と語った。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。