Go to Contents Go to Navigation

サムスンがアップルに敗訴 ドイツでの特許権訴訟

記事一覧 2012.01.20 19:46

サムスンがアップルに敗訴 ドイツでの特許権訴訟

【ベルリン聯合ニュース】サムスン電子と米アップルとの特許関連訴訟で、ドイツ・マンハイム地裁にサムスン電子が起こした訴訟の判決が20日に出され、サムスン電子が敗訴した。サムスン電子が同日、明らかにした。両社は世界十数カ国でスマートフォン(多機能携帯電話)や多機能端末の特許権をめぐり係争中だが、仮処分申請ではない本訴訟の判決が出たのは初めて。

 サムスン電子は昨年4月、スマートフォンや多機能端末の通信などに関する自社の特許技術3件がアップルに侵害されたとして提訴。20日に判決があったのは、このうち1件。

 サムスン電子の関係者は自社の主張が認められなかったことについて、「残る2件で、特許が侵害されたことを立証できるよう努力する」と話した。

 控訴するかどうかについて、サムスン電子側は「決定事項はない」とだけ明らかにした。残る2件は今月27日と3月2日に判決が出る。

 サムスン電子とアップルの同訴訟をめぐっては、マンハイム地裁で先月開かれた審理で裁判官の1人が「両社が相手の特許侵害を立証しようとすることは問題がある」と述べた。

 各国の裁判所も両社の販売差し止め仮処分申請をいずれも棄却することが増えている。

 サムスン電子は通信関連特許の侵害を受けたとして、オランダ・ハーグの裁判所にアップルの「iPhone(アイフォーン)」と多機能端末「iPad」の販売差し止めを求める仮処分申請を行ったが、昨年10月に棄却されている。同裁判所は「サムスンが自社のものと主張する特許は産業界で既に国際標準になっている」などとした。

 一方、アップルがオーストラリアや米国の裁判所に提起したサムスン電子のタブレット型端末販売差し止め仮処分申請も相次いで棄却されている。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。