Go to Contents Go to Navigation

韓国国会議長が辞任 現金買収工作疑惑で

記事一覧 2012.02.09 10:59

韓国国会議長が辞任 現金買収工作疑惑で

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴ヒ太(パク・ヒテ)国会議長が9日、党代表選での現金買収工作をめぐる疑惑で辞任した。国会議長が不正事件絡みで辞任するのは今回初めて。

 朴氏は国会報道官を通じ、「国民の皆さんに申し訳ありませんでした。大きな責任を感じ、議長職を辞任します。私がすべて背負っていきます」と発表した。 

 朴氏は2008年に行われた与党ハンナラ党(現・セヌリ党)の党代表選で、現金入りの封筒を配り、買収工作を行ったとの疑惑がもたれている。疑惑は1月4日に同党国会議員の暴露で持ち上がった。朴氏は党内外の批判にも屈しなかったが、検察の捜査拡大を受け、辞任を決めたとみられる。

 今後、朴氏や朴氏の選挙陣営の状況室長だった青瓦台(大統領府)の金孝在(キム・ヒョジェ)政務首席秘書官らは検察の捜査を避けられない見通しだ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。