Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 錦繍山宮殿の名称を変更=偶像化に拍車

記事一覧 2012.02.16 16:15

北朝鮮 錦繍山宮殿の名称を変更=偶像化に拍車

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が故金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日にあたる16日、首都平壌の錦繍山記念宮殿の名称を「錦繍山太陽宮殿」に改称した。

 朝鮮中央テレビはこの日午後、同宮殿の命名に関する「共同決定」を公表すると明らかにした。宮殿は故金日成(キム・イルソン)主席と金総書記の遺体が安置された場所で、北朝鮮で「革命の聖地」とされている。

 北朝鮮が今回、宮殿の名称を変更したのは、両人に対する偶像化を最大化し、3代世襲の正当性を強調する意図があるとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。