Go to Contents Go to Navigation

韓日漁業共同委の小委員会開催 操業条件など交渉

記事一覧 2012.02.20 16:11

韓日漁業共同委の小委員会開催 操業条件など交渉

【済州聯合ニュース】韓国と日本は20日、済州島で第14回韓日漁業共同委員会の第3回小委員会を開き、今年の排他的経済水域(EEZ)内での漁獲割当量や入漁の操業条件などについて交渉を行った。

 第1回と第2回小委員会は1月下旬と2月初旬に開催された。2月23日に第14回韓日漁業共同委員会が行われる予定だ。

 一方、済州島漁船主協議会など、島内の水産関連団体関係者150人余りは会場付近で集会を開き、タチウオの漁獲割当量を1万トン以上にするよう求めた。漁船主協議会関係者は「2000年に5000トン程度だったタチウオの漁獲割当量が毎年減少し、生計に重大な影響を及ぼしている」と主張した。

 集会参加者らは垂れ幕やプラカードなどを手にし、「不当な韓日EEZ交渉を中断せよ」などとシュプレヒコールを上げ、強く抗議した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。