Go to Contents Go to Navigation

<核サミット>李大統領とイタリア首相が会談 北朝鮮の衛星に懸念

記事一覧 2012.03.27 14:01

<核サミット>李大統領とイタリア首相が会談 北朝鮮の衛星に懸念

【ソウル聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領は27日、核安全保障サミットに出席するため韓国を訪問しているイタリアのモンティ首相と会談した。

 李大統領とモンティ首相は、北朝鮮が長距離弾道ミサイル発射とみられる衛星打ち上げを予告したことに懸念を表明するとともに、北朝鮮が衛星打ち上げを撤回し、国連安全保障理事会決議を順守すべきだと指摘した。

 会談では、地域・国際舞台での両国の協力など相互の関心事についても意見交換が行われた。李大統領はモンティ首相の初訪韓を歓迎し、イタリアの財政危機克服に向けた努力を高く評価した。モンティ首相は「韓国が核安全保障サミットを開催し、国際平和と安全に寄与している」と述べた。

 このほか、来月に予定されている二重課税防止協定改正とワーキングホリデー協定締結を機に両国間の人的交流が拡大されることに期待を示し、5月に開催される麗水世界博覧会と2015年のミラノ国際博覧会の成功に向け協力することで一致した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。