Go to Contents Go to Navigation

従軍慰安婦の叫び NYタイムズ紙に広告掲載

記事一覧 2012.03.29 10:04

従軍慰安婦の叫び NYタイムズ紙に広告掲載

【ニューヨーク聯合ニュース】28日付の米紙ニューヨーク・タイムズが、旧日本軍の従軍慰安婦に関する全面広告を掲載した。 

 韓国広報専門家として知られる誠心女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)客員教授が企画し、歌手のキム・ジャンフンさんが広告費を全額支援した。徐教授はこれまでも世界の主要紙に、独島や東海に関する広告を掲載してきた。

 今回の広告では、集会に参加した元慰安婦女性らの姿を紹介。「彼女らの叫びが聞こえますか?第2次世界大戦当時、『日本軍慰安婦』として生きなければならなかった被害者たちです」と説明している。また、1992年からこれまで1000回以上、ソウルにある日本大使館前で水曜日ごとに集会を行ってきたが、日本政府は謝罪や補償をしていないと指摘。日本政府が心から謝罪と補償をして初めて、韓国と日本が力を合わせ北東アジアの平和と繁栄へ前進できると強調した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。