Go to Contents Go to Navigation

日本産水産物輸入を全面中断すべき=釜山市民団体

記事一覧 2012.04.05 19:25

日本産水産物輸入を全面中断すべき=釜山市民団体

【釜山聯合ニュース】釜山の市民団体が5日、日本産水産物の輸入の全面中断を求める共同声明を発表した。

 市民団体は、日本産水産物から放射性セシウムが毎日のように検出されており、韓国の国民は不安に震えていると訴えた。中国の対応と比較しながら、韓国政府は放射性物質に対する検査証明書さえ添付すれば日本産水産物の輸入を認めていると非難した。さらに「政府は知らん振りを決め込むのではなく、監視を強化し、国民の生命と健康の安全に万全を期さなければならない」と強調。日本産水産物を全量回収し、輸入を全面中断するよう求めた。

 日本政府についても、福島第一原子力発電所の事故発生後、韓国に対し放射能汚染に関する情報を提供しなかったと批判した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。